2011年5月31日火曜日

嬉しい電話

茶屋町荘の庭では、子どもたちと一緒に植えた花や野菜がすくすくと育っています。


職員が花の手入れをしていると「花より私をかまって!」と言ってきた子がいました。
あまりのストレートさに思わず笑って「一緒にしようや」と誘い、近所のお花屋さんに一緒に行きました。そこで彼女は好きな苗を3つ選び、自分専用のプランターに植え、無事ガーデニングデビューを果たしました。
それからと言うもの、花の元気がなくなると「自分の行いが悪いからだ」と反省し、花が元気になると「いい子にしているからだ」と喜んでいました。
苗から植えて大切に育てたスイートピーは、きれいな花を咲かせています。

彼女は今月上旬に茶屋町荘を巣立っていったのですが、このスイートピーのようにいつか花を咲かせてくれるといいなというのが職員の願いです。

そんな彼女から「元気で頑張っているよ。今度遊びに行くね。」という連絡が入りました。「よく頑張ってるね、えらい!」と言うと「もっと誉めて~~」とのこと。「あんまり誉めると喜びが薄れるから、今日はこの辺にしとくわ」と返すと「ひど~い」と笑っていました。元気な声にほっと一安心です。