2011年3月16日水曜日

少しでも力になりたい

日々、新聞やテレビで地震被災地の惨状が伝えられています。
被災された方々は、この寒い中どんなに心細い思いをされていることか・・・
本当につらくて、胸が締め付けられる思いです。

茶屋町荘の子どもたちもあまりの状況に、自身の緊急用の電話代の内
数十円を残して募金をしたり、電気や暖房の節電を普段以上に心がけたりと
それぞれの思いが行動となって表れています。

食事を口にする際も「これ送ってあげたいな」などの声が聞こえます。

非常に微力ではありますが、子どもも職員も少しでも力になりたいと思っています。

茶屋町荘