2011年12月18日日曜日

祝!ママになりました。


なんと!茶屋町荘のOGがママになりました。茶屋町を巣立って約一年。結婚し妊娠しついに出産!会うたびにお腹の赤ちゃんに向かって「会えるのを楽しみにしてるよ~」と声を掛け、職員をはじめ周りの大人はこの日をとても楽しみにしていました。ママもとても嬉しそうです。

つい先日会った時にはお腹がパンパンで本人も「産むのが怖い~」と言っていたのですが、茶屋町荘の職員は残念ながら誰も出産経験がなく、安心させたいと思いつつも「そうだよね~。なんかアドバイスしたいけど生んだことないから分からんのよ。ごめん。」というウソのないコメントを残してしまいました。しかし、そんな職員の心配をよそに彼女は立派にママになりました。母親の強さを感じました。

彼女の出産に際してベビー用品(かわいい服や肌着)、マタニティーグッズ、タオルなどたくさんの品をいただきました。本人はとても喜んで始終ニコニコしていました。直接面識がないにもかかわらず支えて下さったTさん、Tさんの娘さん本当にありがとうございます。

子どもが生まれたことをお世話になった方に報告をしようと思い連絡したのですが、思った以上に連絡する先が多くて改めていろいろな方に支援していただいていることを感じました。彼女はきっと幸せ者です。そういえば「うちはついとる。ラッキーじゃ。」とよく言っています。これからますます幸せを感じてほしいと願います。

2011年12月6日火曜日

お久しぶりです

ふと気づけば、更新がストップしたまま12月になっていました!この数か月間茶屋町荘では楽しいことがたくさんありました。まず、久々に子どものリクエストでカラオケに行き、ついでにプリクラも撮りました。カラオケではお互いの歌が分からないという予想通りの状況に陥りながらも楽しく歌い、プリクラではボタンが多すぎて何もできずカメラ目線も怪しい状態の職員とは対照的に、ボタン操作をする子ども。私はもう子どもの指示にただただ従いました。また、先日は子どもの誕生日会をしました。たくさんの方にお祝いしていただき、子どもも嬉しさと驚きで涙ぐんでいました。お忙しい中、お越しくださった皆様ありがとうございました。
12/25(日)にはクリスマス会を予定しています。場所は茶屋町荘で、時間は18:00~20:00の予定です。ご都合のつく方、ぜひご参加ください。茶屋町荘までお電話いただけましたら詳細をお伝えいたします。TEL)086-441-3756

2011年9月7日水曜日

台風12号

各地に被害をもたらしている台風12号ですが、岡山も台風が直撃ということでかなり激しい雨風がありました。また、各地で避難勧告が出され県内各地で避難所に避難する人の姿がありました。避難所で一夜を明かした方、自宅が浸水した方などとても不安だったと思います。3月の地震を思い返し、被災された方のこと思うと再び胸が痛みました。

幸い茶屋町荘は特に被害はありませんでしたが、台風が抜けるまでは不安でした。翌日大家さんから「大丈夫だった?」とお電話をいただいたり、ご近所の方から「怖かったじゃろ?何かあったら何でも言っておいで、助けてあげるから。」と力強いお言葉をいただいたりと、胸が一杯になるようなことがありました。こんな非常時ではありますが、いろいろな方に支えられているということが感じられた日でもありました。

2011年8月24日水曜日

夏の茶屋町荘



朝夕随分涼しくなり、過ごしやすい季節になりました。茶屋町荘近くで鳴いていたセミの声も聞こえなくなり、夜には秋の虫の声が聞こえてきます。そんな茶屋町荘ですが、この夏はご支援くださっている方々から、そうめん、アイス、ケーキ、あんみつ、豚の紅茶煮、うどん、お花、などなどたくさんの頂き物をしました。茶屋町荘のことを気に掛けてくださり、ありがとうございます。
そんな皆さんに、茶屋町荘で栽培したゴーヤをお礼にお渡ししたいと思っていたのですが・・・ご覧の通り緑ではなくオレンジのゴーヤが実ってしまいました。結局緑のゴーヤは1本も収穫できず、がっかりです。ゴーヤのレシピをわざわざ郵送してくださった方もいらっしゃたのに、残念です。オレンジのゴーヤを前に佇んでいると、ご近所の方が「これはこれできれいだよ。観賞用にいいね。」などと優しい言葉を掛けてくださいました。来年こそは緑のゴーヤを実らせたいです。

2011年7月30日土曜日

ぶっかけうどん




いただきました!ぶっかけうどんです。


先日の一周年記念パーティーの際、ここのぶっかけは最高だという話をしていたら、なんと差し入れをして下さいました。ありがとうございます。皆でおいしくいただきました。変わらぬおいしさに感動でした。ぶっかけうどんは有名ですが、ここの店舗は、私の一番のお気に入りです。聞いた話によると、つゆはここの店舗で朝作っているのだとか。おいしいはずです。


この夏を乗り切りたい方、この写真を見て食べたくなった方、どこの店舗か気になって仕方ない方、茶屋町荘までお問い合わせください~。


2011年7月24日日曜日

茶屋町荘1周年記念パーティー♪

本日、茶屋町荘では1周年記念パーティーを開催しました。






いつもお世話になっているご近所の方や、大家さんがいろいろな方に声を掛けてくださり、民生委員さん、愛育委員さん、保護司さんなど地域で活躍されている方々が来て下さいました。これまでの1年間はただただひたすら真っ直ぐに手探りで進んできましたが、今後はパーティーを通じて知り合えた方々と一緒に子どもをサポートする、地域に根付いた支援ができるようになればと思っています。今回の出会いを大切にしたいと思っています。


また、弁護士さんも来て下さり励ましの言葉をかけてくださいました。私たちの仕事は明確な結果が出ない仕事です。その為、評価をされることがあまりありません。またどんなに頑張ったとしてもそれが良い結果に結びつくかというとそうでもありません。それは皆分かっているので、評価を期待することはありませんが、それでもやはりねぎらいの言葉、励ましの言葉をいただくと気持ちがグッと前向きになります。それが今日はとても嬉しかったです。


本日お越しくださった皆様、祝電を下さった方本当にありがとうございました。
また、たくさんおいしいものやきれいなお花をいただきました。ありがとうございます。

2011年6月24日金曜日

tomato



「急に夏来た?」と子どもが聞いてくるほど急激な気温の上昇。

朝から子どもも職員も「あつーい。あつーい。」と口にしています。職員も一緒になって「あつーい」と言っていたからか、子どもの方から「暑い暑いって言うから暑くなるんじゃ!って昔よく言われよったわ。」と一言。大人気なく「暑い!」を連発する職員を傷つけないよう言ってくれた感じで、なんとなく優しい気持ちになりました。

そんな雰囲気が伝わったのか、庭のトマトが赤く色づきました。ちょっと縦長のトマトです。きっと甘くておいしいことでしょう。

2011年6月15日水曜日

パネル展とバザー

無事、パネル展とバザーが終了いたしました。皆様のおかげで、たくさんの方が来てくださり大盛況でした。

茶屋町荘のクッキー(50袋)は初日の早い段階で完売!!嬉しくもちょっと困ったなぁと思っていたところ、またしても助っ人が!手作り焼き菓子の差し入れをいただきました。見るからにおいしそうなお菓子でこちらもあっという間に完売!でした。

いろいろな方に支えられていると改めて実感しました。お手伝いくださった方、足を運んでくださった方、ありがとうございました。

2011年6月12日日曜日

クッキーとシュシュ

明日、明後日に岡山市役所でパネル展とバザーを行います。

それに伴い、茶屋町荘ではクッキーとシュシュを作りました。

大量のクッキー作りに苦戦していた折、助っ人が現れました!お世話になっている弁護士さんです。みんなで作ると楽しい♪
味見した子からは「おいしい~☆☆☆」と星みっつ、いただきました。形は不揃いですが色々な味が楽しめます。
市役所にご用のある方、ぜひお立ち寄りください。

2011年6月10日金曜日

蛍のヒカリ

今年の岡山はとても早い梅雨入りでした。梅雨に入ると蛍がいなくなってしまうので、ちょっと早めに蛍を見に行ってきました。昨年かわいい浴衣と帯をいただいていたので、子どもも職員もみんな浴衣を着て行きました。

当日は雨も上がり、蛍鑑賞にはもってこい!と思っていたら、現地はとても冷えており「きれい」より「寒い」と言う声が。また、蛍もとても遠慮がちに飛んでいて予定時間より早くに立ち去ることになりました。


帰りに浴衣姿でコンビニに立ち寄ると、お客さんには笑われ店員さんからは「今日は何かあったんですか?」と聞かれ少々恥ずかしい思いをしました。しかし、みんな一緒というのは非常に心強いものです。「ちょっと蛍鑑賞に・・・」と澄まして答えると、男性店員さんが「ここも穴場なんですよ!」と他のスポットもとても親切に教えてくれました。帰りの車内では「浴衣を着ていたから優しかったのか、若い子がいたから優しかったのか」について話しました。結論として「若い子が浴衣を着ているのが一番だ」ということになりました。

最後に大家さん宅を訪問し、浴衣姿を披露して茶屋町荘に帰りました。

2011年5月31日火曜日

嬉しい電話

茶屋町荘の庭では、子どもたちと一緒に植えた花や野菜がすくすくと育っています。


職員が花の手入れをしていると「花より私をかまって!」と言ってきた子がいました。
あまりのストレートさに思わず笑って「一緒にしようや」と誘い、近所のお花屋さんに一緒に行きました。そこで彼女は好きな苗を3つ選び、自分専用のプランターに植え、無事ガーデニングデビューを果たしました。
それからと言うもの、花の元気がなくなると「自分の行いが悪いからだ」と反省し、花が元気になると「いい子にしているからだ」と喜んでいました。
苗から植えて大切に育てたスイートピーは、きれいな花を咲かせています。

彼女は今月上旬に茶屋町荘を巣立っていったのですが、このスイートピーのようにいつか花を咲かせてくれるといいなというのが職員の願いです。

そんな彼女から「元気で頑張っているよ。今度遊びに行くね。」という連絡が入りました。「よく頑張ってるね、えらい!」と言うと「もっと誉めて~~」とのこと。「あんまり誉めると喜びが薄れるから、今日はこの辺にしとくわ」と返すと「ひど~い」と笑っていました。元気な声にほっと一安心です。

2011年3月16日水曜日

少しでも力になりたい

日々、新聞やテレビで地震被災地の惨状が伝えられています。
被災された方々は、この寒い中どんなに心細い思いをされていることか・・・
本当につらくて、胸が締め付けられる思いです。

茶屋町荘の子どもたちもあまりの状況に、自身の緊急用の電話代の内
数十円を残して募金をしたり、電気や暖房の節電を普段以上に心がけたりと
それぞれの思いが行動となって表れています。

食事を口にする際も「これ送ってあげたいな」などの声が聞こえます。

非常に微力ではありますが、子どもも職員も少しでも力になりたいと思っています。

茶屋町荘