2009年12月21日月曜日

クリスマス会のご案内

おおもと荘の子どもを囲むクリスマス会を企画しました。
多数のご参加を期待しています。


日時 12月23日(祝) 15:00-17:00
場所 お好み焼きやよい 岡山市北区大学町3-8 086-222-2916
http://r.tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33004380/dtlmap/
会費 1000円(お好み焼き)持込可・鉄板使用可
参加申込は不要です。

2009年11月3日火曜日

第15回学術集会埼玉大会のご案内

平成21年11月27日(金)~11月28日(土)
埼玉県さいたま市の大宮ソニックシティで
日本子ども虐待防止学会(JaSPCAN)
第15回学術集会埼玉大会が開催されます。

第1日目(11月27日)14:30~16:30 分科会Ⅰ
Ⅰ-13 
「子どものシェルターにおける10代後半の子どもの自立支援」
企画者;影山秀人(NPO法人子どもセンターてんぽ理事長)
で全国4ヶ所で取り組まれている子どものシェルターから話題提供があり、
意見交換・情報交換を行ないます。

平成21年10月26日午後更新では、分科会の定員には達していません。
参加登録は、FAXでの受付も可能です。また、当日受付も出来るようです。
多くの方々に子どもシェルターの取り組みを知って頂きたいと思います。

第15回学術集会埼玉大会のご案内

http://www.toptour.co.jp/conv/3306/jaspcan15/

2009年11月2日月曜日

福祉サービス内容評価基準ガイドライン

平成21年4月1日より、
小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)の制度化
および児童自立生活援助事業(自立援助ホーム)の見直し
が行なわれたことを受けて、
「福祉サービス内容評価基準ガイドライン」
が新規作成されます。

自立援助ホームも公費を受けることになるので、
社会的評価を受けなければなりません。

『第三者評価』を受けることになります。
 
第16回全国自立援助ホーム連絡協議会(群馬大会)
が平成21年11月5日(木)~11月6日(金)
開催されます。

これからの取り組みについて
意見交換が行なわれます。

菊が満開です。


おおもと荘のホーム長が
丹精を込めて育ててきた菊が満開です。


2009年10月6日火曜日

「子どもシェルターモモ」ボランティアスタッフ養成講座開講

10月2日 18:30から、ボランティアスタッフ研修が始まりました。
正会員の応募者14名とシェルタースタッフ3名も参加し、
第1部 社会から求められる子どもシェルターの役割とボランティアスタッフの役割
第2部 子どもシェルターが求めるボランティアスタッフ像とこの研修で獲得してほしいこと
という、2部構成でした。




第1部では、
東理事長より、子どもシェルターモモができるまでの経緯や、子どもシェルターの必要性、子どもに関わる諸施設との違いの説明を受けました。
そして、その中で子どもシェルターがどのような役割を期待され、担っているのか、「子どもシェルターモモ」が目指す子どもシェルターとはどんなものなのかというお話を聞きました。

第2部では、
中野理事より、精神科医という専門的立場から、ボランティアスタッフの担う子どもシェルターの現場での役割や、心理的影響や接し方等の心に留めておいてほしい心理的基礎知識についてのお話を聞きました。
ご参加いただいた方々も、2人の話に聞き入っている様子で、その後行なわれた質疑応答の時間には、多くの質問が出されました。

・・・
ボランティアスタッフの方々は、シェルタースタッフともに、子どもシェルターで生活をする子どもたちが、心と身体の休養をしっかりとることができる、環境づくりを支える役割を担うことになります。
ご参加いただいた方々の熱心に聞き入る眼差しに、力をいただいた気持ちです。
次回からは、より現場に近い講師をお迎えし、子どもにかかわる基礎知識を、様々な角度から学んでいく予定にしています。


次回は、10月9日です。

2009年9月18日金曜日

昼食ボランティア ありがとうございます!


自立援助ホームおおもと荘のホーム長より、おおもと荘の様子が届きました!


・・・
日常、おおもと荘の食事は3名の男性スタッフが勤務に沿ってかわるがわる作っています。
子どもたちが手伝うこともあります。
そんな男連中の料理の腕を心配してか(?)、5月から月2回位の割でボランティアの女性陣3名が、休日の昼食作りにおおもと荘へ来てくれています。

ハンバーグや冷やし中華、焼き肉等と毎回手の込んだメニューで子どもたちの食欲を満たしていただいています。食事を作るだけでなく、一緒に作りながらまた食事しながら子どもたちと話しの相手にもなっていただき、たいへんよい一時を作ってもらって感謝しています。

これからも末永くよろしくお願いいたします。

2009年9月4日金曜日

子どもシェルター開設

平成21年8月30日(日)山陽新聞の朝刊で紹介して頂いたように、「子どもシェルター」を開設しました。

未だ十分な準備は整っておりませんが、シェルターとして稼動しはじめました。今後とも、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

「おおもと荘」近況

4月1日にスタート致しました「おおもと荘」

1名でのスタートで、見込み違いを痛感していました。
5月・6月と1名のみ、7月入って2名となり、8月に4名となり、
9月1日現在、5名の少年が生活しております。

恵まれた生活空間とはいえませんが、それぞれが目標を持って生活しています。
お互いに周りの人を尊重しながら生活しています。
同年齢の少年なので、色々なことが起こるとは思いますが、みんなで力を合わせて乗り切って行けそうです。


2009年8月26日水曜日

ボランティア養成講座を始めます

皆様へ
NPO法人子どもシェルターモモでは、
「第1回 ボランティアスタッフ養成講座(予定表はここをクリック)」を企画致しました。
お申し込み下さい。
今回は、第1回目ということで
「正会員」を対象とさせていただきます。これから、正会員になっていただける方も大歓迎です。
今後も回を重ねて、より多くの方々に、
ボランティアとしてご協力をお願い出来るよう、
養成講座・研修会等を企画していきたいと考えております。
養成講座のお問合せ・ご連絡は、金地まで
E-mail kanaji@kfz.biglobe.ne.jp
     おおもと荘事務局
      shelter_momo@yahoo.co.jp

2009年8月21日金曜日

応募受付終了

子どもシェルターのスタッフ(正職員)
の募集をしておりましたが、
8月21日(金)までに多数の応募を頂きました。

本日付で応募の受付を終了させて頂きます。

有難うございました。

2009年8月15日土曜日

シェルタースタッフ募集

子どもシェルターのスタッフ(正職員)を募集しています。

虐待などから避難してシェルターにきた子どもを見守るお仕事です。
月給16万円+宿直手当です。シェルターでの住込みも可能です。
子どもを愛していただける方を募集しています。
詳細は、
ハローワークインターネット検索で、整理番号33010-15571191でご覧ください。

2009年8月9日日曜日

ボランティアスタッフ養成講座

子どもシェルターモモでは、
「第1回ボランティアスタッフ養成講座」
の開催を計画しています。

平成21年10月2日(金)開講
7日間の講座で、平成21年11月20日(金)に修了式を行います。

今回は、『基礎講座』としてのカリキュラムとなっています。

養成講座を積み重ねることによって、
子どもシェルターモモとしても力を付けて行きたいと思います。

岡山県内唯一の自立援助ホーム

平成21年8月3日(月)山陽新聞朝刊22面に
「自立支援 課題多く」

児童養護施設を退所した子どもの自立支援が、
岡山県内でも課題になっている。

という記事が掲載されました。

その記事の中に、
県内唯一の援助ホーム「おおもと荘」が
紹介されました。

白井ホーム長は、

「居場所を失った子どもたちは、
 非行に走る場合があり、
 心身ともに支えるスタッフと安心して
 暮らせる環境が欠かせない。
 ここを基地にし、社会へ巣立つ手助けをしたい。」

とコメントしています。

徐々に、利用者・入所に関する相談も増えてきました。
まだまだ多くの方々に活動を知って頂く必要があります。
広報活動にも力を入れて行かなければなりません。

2009年7月23日木曜日

助成金贈呈式


平成21年7月22日(水)
東京都千代田区紀尾井町3-6
紀尾井町パークビル6階
株式会社イオンフォレスト「会議室」にて、
-2009年度ザ・ボディショップ ニッポン基金-
「助成金贈呈式」が開かれました。

44の応募団体から選ばれた10団体の代表者に、
運営委員長である
(株)イオンフォレスト 
代表取締役社長 宍倉芳男 様から目録が贈呈されました。

その後、助成活動内容についてのプレゼンテーションが行われ、
終了後、各団体との懇親を深めました。

今回の応募は、東京のカリヨン子どもセンターの
ホームページから情報を得て、5月31日〆切のところ
5月26日付で応募致しました。
今回の助成金では、
他のシェルターに負けないようなホームページを
立ち上げたいと考えています。

ホームページ・ブログは、
定期的な更新が必要です。
行事を企画したり、新しい情報を流したり、
公開した後、多くの方々からアイデアを頂きながら、
管理をしていきたいと思います。
ご協力の程、宜しくお願い致します。

2009年7月6日月曜日

子ども担当弁護士育成講座③




今回は、名古屋の子どもシェルター(NPO法人子どもセンターパオ)から講師として
スーパーバイザーの菱田さんと高橋直紹弁護士のお二人がいらっしゃいました。
パオが設立されるまでの経緯や事例を交えながら緊急時の対応、
パオを支えるフォロー体制等についてお話いただきました。

「あかるく たのしく 真剣に」
「子どもが何を求め、どう生きようとしているかということころに立てるパートナー」

子どもの思い(意思)をどのようにしてサポートし、寄り添っていくのか。
スタッフ・パートナー弁護士・ソーシャルワーカー・ボランティア等全ての人が
パオ設立の理念を共有し、そのシステムを議論を重ねつくりあげたのだそうです。

シェルターに関わるいろんな立場の人たちが、
その理念の下に人が変わっても、子どもに寄り添う環境を変わらず作り上げていく。

あかるく たのしく 真剣に
パオの熱い思いが伝わってきました。

モモもたくさん学ぶべきところがありました!
遠いところお越しいただき、熱いお話ありがとうございました!!

大草刈大会!


モモのスタッフとボランティアさんと一緒に環境整備・草刈を行いました。
梅雨の合間、天候が心配されましたが、太陽キラリ。
雨のおかげで土もやわらかく、絶好の草刈日和となりました。

朝9時から2時間。
少しの休憩を挟みながら、大きく育った草たちと格闘。
1ヶ月半前にきれいにしたはずだったのですが・・・
草たちの成長にびっくりでした。

成果はご覧のとおり!
草の山は・・・
まるで、トトロかモリゾーが寝転んでいるかのようです。(かわいい?)

達成感とともに、朝からさわやかな汗をかきました。
ご協力いただいたボランティアの皆さま、ありがとうございました!!

子ども担当弁護士育成講座②

今回は、講師にモモの理事である河本弁護士に
シェルターや自立援助ホームに関わる法律をテーマにしたお話でした。

児童相談所がおおく権限をもち法が運営されていること、
子ども担当の弁護士の立場や必要な基本的知識をポイントごとにまとめてありました。
紹介された法律は以下のとおりです。
・児童虐待防止法
・児童福祉法
・児童(子ども)の権利に関する条約
そして、子どもからの聞き取りを行う際の注意点もあわせて説明がされました。

子ども自身が何を必要としているのか
そのためにはどんなことができるのか

弁護士に限らず、
上記のような子どもにかかわる法の知識はスタッフ・ボランティアであっても必要であると感じました。

2009年6月15日月曜日

子ども担当弁護士育成講座

弁護士以外の参加も可能ということで、モモのスタッフ・ボランティアも参加しました。
カリヨン子どもセンターでたくさんの子どもに出会い、寄り添って来られた弁護士、角南先生から、事例を中心として、どのように子どもや親に向き合っていくのかという講義をうけました。
真剣に向き合い、寄り添うこと。一緒に悩み、解決していく。子ども担当弁護士としての情熱があふれていました。
弁護士だけでなく、スタッフ・ボランティアの方々にも大変好評いただきました。
次回の講座も楽しみです。

前日には、角南先生を囲んでお話を聞くことができました。
角南先生の人となりをうかがい知ることができ、また、歩き出したばかりのモモにとって貴重なお話も多数お聞きすることができました。
お忙しいところ、誠にありがとうございました。

お誕生日会


お誕生日会をスタッフと会員有志でおこないました。
食材持ち寄りでのバーベキューは、
いとこのお兄さん・お姉さん、おじさん、おばさん・・・
と、まるで、親戚一同が集合したようなにぎわいでした。
みんなが見守る中でケーキのろうそくが吹き消され、ケーキ争奪じゃんけん大会!
梅雨の合間の楽しいひとときでした。

2009年6月6日土曜日

正社員・ボランティア募集

子どもシェルターの運営スタッフと運営ボランティアを募集しています。

 傷ついた子どもと一緒に過ごし、愛をもって見守っていただきます。
 資格がなくても、子どもを暖かく見守ってくださる方を探しています。
 
【スタッフ(正社員)募集】 勤務条件 ←ここをクリックしてください。
 ご夫婦での住込みも歓迎します。

【有償ボランティア募集】:実費を支給・活動費は応相談
 EX1 お泊りボランティア
 EX2 日中一緒に過ごすボランティア
 EX3 食事ボランティア(食事を作って子どもと一緒に食べる)
 EX4 草抜きボランティア

総会・設立記念パーティー

5月16日 17:30-
ザ マグリットにおいて、総会・設立記念パーティーを行いました。

総会では、理事会で承認された事業報告決算事業計画予算、おおもと荘の状況、子どもシェルターの準備状況を説明しました。

設立記念パーティーには、岡山市長をはじめとして多数の来賓の方々、多数の関係者がお越しくださいました。お忙しい中お越しいただきまして、本当にありがとうございました。

2009年5月12日火曜日

通常総会の御案内

特定非営利活動法人子どもシェルターモモ
の「通常総会」を平成21年5月16日(土)17:30~
岡山市中区丸の内1-5-8 ザ・マグリット(旧 石山花壇)
にて開催致します。
【 内容 】
①2008年度活動報告・決算
②2009年度事業計画・予算
について報告をさせて頂きます。

「通常総会」終了後、18:00より
「特定非営利活動法人子どもシェルターモモ」
設立記念パーティーを開催致します。

2009年5月3日日曜日

平成21年度憲法記念県民集会のご案内

日時;平成21年5月16日(土)
    午後1時~午後5時(開場/午後0時30分 開演/午後1時)

場所;岡山県総合福祉会館ホール
    岡山市北区石関町2-1
    (会場には駐車場がございませんので、
     お車でお越しの方は近隣の有料駐車場をご利用ください。)

趣旨;『子どもシェルター~行き場のない子どもたちのために~』 

皆さんはご存知ですか。行き場のない子どもたちがいることを

親から虐待を受け安心して暮らせる居場所を失った子ども、 児童福祉施設を出ても戻る家庭のない子ども、非行に走り、 身元を引き受けるおとながいないために少年院に入らざるを得なかった子ども・・・。 

このような子どもたちも、危険から逃れ、衣食住が保障され、安心して将来を考えるための場所とおとなの適切な支援があれば、立ち直り、自立していくことができるのです。 

公的機関はというと、子どもの年齢や措置の条件などから、児童相談所の一時保護所などにも制約があり、緊急に助けを求める声が入っても、 すぐには引き受けてもらえない場合があるのが実情です。 

児童相談所や児童福祉施設で受け入れてもらうことができない子どもたちにも、 緊急に避難できる場所が必要なのです。それが子どもシェルターです。 

2004年、東京弁護士会の弁護士が中心となり、日本初の子どもシェルター「カリヨン子どもの家」が設立され、その後、横浜や名古屋でも弁護士が中心となって子どもシェルターが設立されていますが、ほとんどの地域には子どもシェルターがありません。 

岡山県では、岡山弁護士会子どもの権利委員会の委員が中心となって、児童福祉関係者と協力し、昨年9月27日、子どもシェルターを設立するためNPO法人モモを立ち上げました。 

同時に、シェルターと併せて、自立を目指す子どもたちを支援するために自立援助ホームの設立をします。行き場のない子どもたちのために私たちに何ができるのか。一緒に考えませんか。

内容

第1部
基調講演 「お芝居から生まれた子どもシェルター」
講  師
坪井 節子/弁護士(東京弁護士会、カリヨン子どもセンター理事長)

第2部
シンポジウム 「行き場のない子どもたちのために」
出演者
坪井 節子
高橋 直紹/弁護士(愛知県弁護士会、子どもセンターパオ理事)
高橋   温/弁護士(横浜弁護士会、子どもセンターてんぽ理事)
中西 圭三/歌手・音楽家・プロデューサー
井上 雅雄/弁護士(岡山弁護士会、子どもシェルターモモ理事)

第3部
~ 中西圭三さんによる 子どもたちや子どもシェルターへの応援ライブ ~
「LIGHT HOUSE OF LOVE ~ 子どもたちにとっての道しるべとなろう ~」

主催;岡山弁護士会

平成21年度憲法記念県民集会のご案内(チラシの表)
http://www.okaben.or.jp/gyouzi/image/kenmin_omote.pdf
平成21年度憲法記念県民集会のご案内(チラシの裏)
http://www.okaben.or.jp/gyouzi/image/kenmin_ura.pdf

2009年4月9日木曜日

開始届け提出

平成21年4月9日付で、
自立援助ホーム「おおもと荘」の
「事業開始届け」を提出致しました。

今後は書類を確認して、
岡山市の担当者が現地の調査をおこないます。

書類の不備や調査後の指示事項がクリア出来れば、
「事業開始届け」は受理されます。

2009年4月2日木曜日

自立援助ホーム事業開始

平成21年4月1日
政令指定都市としてスタートした「岡山市」
と同じくして自立援助ホーム「おおもと荘」が事業を開始しました。

岡山市の児童相談所「こども総合相談所」
の相談課に「自立援助ホーム入居申込書」
を提出して受理して頂きました。

「事業開始届け」は準備中であるため、
暫定的なスタートとなっていますが、
設立の準備を始めて、
1年で事業開始まで漕ぎ着けることが出来ました。

2009年3月31日火曜日

おおもと荘開所パーティー

平成21年3月29日(日)18:00から
「おおもと荘開所パーティー」を開催しました。

改修工事も完了し、大掃除も済ませました。
徐々に生活出来るように生活必要物品の搬入も行いました。

参加者は15名、それぞれに一品持ち寄り、
盛大に「開所」を祝いました。

お世話になる町内会の代表者、学区の主任児童委員さんを始め、
緊急な案内に都合を付けて下さった方々が、
まずは、腹ごしらえをして、その後、自己紹介を兼ねて、
「思い」を語り合いました。

これからも機会あるごとに集い、
「おおもと荘」で生活をする少年の支援をしていくことを、
確認しました。

いよいよ4月1日スタートです。

2009年3月22日日曜日

おおもと荘大掃除

平成21年3月22日(日)
心配していた雨も上がりました。

午前10時に集合、
それぞれに持ち込んで下さった掃除道具で、
早速、大掃除開始、
自立援助ホームで使用する各居室の
埃を落として、掃除機をかけて、拭き掃除、
10名を超すメンバーは手際良く、
居室から台所、便所、浴室と次々に見違えるように
きれいにして頂きました。

綺麗になった場所には、
多くの方々から提供して頂いた生活必要物品が運び込まれ、
徐々に生活が出来る状態になってきました。

12時には、作業を終えて、
皆さんで「お茶」をしました。
これからの事業の展開等、
楽しみな話が出来ました。



2009年3月21日土曜日

自立援助ホーム「おおもと荘」

平成21年4月1日スタート予定の
自立援助ホームの名称が決まりました。

自立援助ホーム「おおもと荘」

岡山県岡山市で事業を開始することになります。
岡山市は、同じ4月1日から政令市としてスタートします。

多くの方々の協力を得ながら、
息の長い事業にしていきたいと思います。

改修工事を済ませた「おおもと荘」
明日、3月22日(日)には、
多くのサポーターの力をお借りして、
「第1回大掃除」を行なう予定です。

天候が心配ですが、
集うことが大切です。
これからの目標を話し合いたいと思います。

2009年2月22日日曜日

子ども支援に役立てて

平成21年2月20日(金)
中国税理士会岡山東、岡山西の両支部より、
「将来を担う子どもたちの支援に役立ててください」
と30万円の寄贈がありました。

平成21年2月21日(土)山陽新聞朝刊より
「税理士記念日(二十三日)にちなんだ社会貢献の一環。」
「県税理士会館(同市南方)で寄贈式があり、・・・
目録を団体の代表者に渡した。」

立ち上がったばかりの
「特定非営利活動法人子どもシェルターモモ」には、
とても有難いことです。

厳しい社会情勢ですが、
取り組む事業の内容をご理解下さり、
多くの方々に支えて頂けるよう、
改めてお願いしたいと思います。

中国税理士会岡山東、岡山西の両支部の皆様、
有難うございました。

2009年1月19日月曜日

設立登記完了のご報告

平成21年1月19日(月)
岡山地方法務局に登記申請書類を提出、
即日、「登記」が完了致しました。

特定非営利活動法人
子どもシェルターモモ

の誕生です。

2009年1月16日金曜日

設立認証

平成21年1月13日付
岡山県指令県第1065号で
「特定非営利活動法人子どもシェルターモモ」
が設立の認証を受けました。
直ちに、法人の登記の手続きに取り掛かります。

いよいよ、NPO法人としての活動開始です。
ご協力の程、宜しくお願い致します。